温泉の上手な入り方


体を慣らしながらゆっくり入浴で健康づくり。

@ まず、かけ湯から。(入浴直後の血圧上昇にそなえる)
 温度に体を慣らすため、かけ湯は念入りにしましょう。
 足から腰 、指先から肩、胸から遠い順にかけましょう。
 最後に頭にも10杯程度。


A 半身浴で体を慣らそう。
 いきなり全身で入浴するより、半身浴で体を慣らしましょう。
 温泉の温度や水圧による急激な負担がかかりません。
 温まってきたら、手足の運動などもしてみてはいかが。


B体を洗う
 湯船で温まったら体を洗いましょう。
 毛穴が開き汚れが浮き出て、古い角質もやわらかくなるので
 洗い流しやすくなります。
 ただし、お化粧をしている人はかけ湯の段階で洗顔をしましょう。
 化粧品で毛穴の開きが悪くなります。
 たっぷりの泡で角質をこすらずに洗い流します。


C入浴時間はほどほどに
 入浴時間はおでこや鼻の頭が汗ばむ程度が目安です。
 汗が流れ出たり動悸がするほどの長湯はやめましょう。
 長湯はかえって湯冷めの原因になります。


D入浴の回数は1日2回〜3回が限度です。
 せっかくの温泉だからといって、何度も入浴してはダメ。
 体に負担がかかって逆効果です。


E水分補給を十分にしましょう。
 発汗によって体内の水分が少なくなっています。
 ぬるま湯やスポーツドリンクなどで体を潤しましょう。


F入浴後は、ゆっくり休みましょう。
 入浴中はエネルギーが消費されます。
 また、血圧も変動しますから、体調が安定するまで
 少なくとも30分は休憩をとりましょう。
 その間、体と髪を乾かして湯冷めしないようにしましょう。


湯治は、温泉に長期滞在すること
 長湯の疲れからくるだるさやめまいを感じる事があります。
 これは『湯あたり』といいます。
 湯治生活など、長い期間温泉に滞在している人にみられます。
 軽い湯あたりなら、入浴を少し控えめにしましょう。
 ひどい時は入浴を中止し、1〜2日の安静が必要です。
 湯治客にとって湯あたりは病気回復の兆しともいわれています。

バーチャル街道へ戻る